2012-01-10

suzuki GW250

スズキがモーターショーでお披露目した
GW250
気になります。
中国、インド、ヨーロッパ、インドネシア、中南米とか向けらしいのだけど、
日本で出たら考えてしまうかも。
というのも、
なんたってパラツイン!
パラツインだぜパラツイン!
そして、メインスタンド付き!
センタースタンドついていると便利だぜ!チェーンメンテも楽ちん、タイヤのチェックも楽ちん!
サイレンサー左右二本出し!
昭和仮面ライダーの世代にとっちゃ、サイレンサーの数が多いほど偉くてカッコいいのだ!
シートも前後がつながっている(段付きも多くない)ので、荷物も載せやすいかも

日本の現在のラインナップで、250ccでパラツインなのは、Ninja250だけ。
Ninja250は、乗ってみたら、小さくて、ハンドリングもくせがなく、ビギナー、女性に良いと思った。
4000rpm以上回さないと走らないけど、それは排ガス規制がかかった現在での 4st 250cc だから仕方ない。
高回転まで回すとよい感じだった。
Ninja250 でどうかなぁ、とおもったのは、リアのシート。
あれ、荷物載せれないなぁ。
レプリカのような、リアシートが別体で上に上がっていると、荷物がっつり積めないの。
昔からこの理由で別シートのマシンは避けている
Ninja250は、さらに、かまぼこみたいにシートがぽこっと盛り上がっている。だめだ。荷物がずれる。
サイドバックつけようとしても、ウインカーが...うーーん

こういう状態なので、選択肢がないのよね...T_T

スズキさんには頑張ってもらって、日本にも入れてもらいたい。GW250

たとえデザインが気に入らなくても(あの顔とフェンダーはないだろう~。ひどいなぁ~)
たとえ 18kw(24.5PS) で 183kg でも(ひゃー、まったく走らないわ!^^;;;)
チャイナ作成?のプロモvideoのライダーの乗り方がかっこよく見えなくても(なんか、もうちょっとね~)
なにかの拍子に手に入れる可能性が高い。

走らないのはあきらめる。のんびりツーリングでいいのさ!追越もしないし、峠も攻めない。
顔は、スクリーンを付けて印象を変える、or ライトそのものを別に変える
Frontフェンダーも入れ替える
Rearフェンダーは切る
サイドカバーのもっさり感は、黒色シートで形を変えて、色物テープでラインを入れる
ぐらいで乗れるかも。


XS250(1982年、ヨーロピアンすたいる、なんちゃってアメリカンじゃない方)が、XS400と同車体で、わりと重かった。
乾燥が170kgぐらいだったとおもうので、車両重量はこの GW250 と似たような感じになるとおもう。
でも、XS250は30PSだったのよね。
それでも出だしはよっこらせ、"ぼく一生懸命やってます!"、って感じだったし、コーナーや車体がふられたときは重さを感じた。
乗り味わりと好きだったね。気持ちよく上まで回ったし。スタート時は全開。
そのXS250よりも非力なのか、GW250。どうなることやら。


==================

追記:国内販売開始されたので、試乗してみた
http://parallel-twin.blogspot.jp/2012/08/try-gsr250gw250.html




0 件のコメント:

コメントを投稿